お墓より費用が安い

お墓というものは一度建てたら家族代々で受け継いでいくものです。そのため値段も高額で、すぐにポンと出せるような金額ではありません。ですから、お墓を建てたい気持ちはあっても実際に建てられない人もいます。そういった人たちに嬉しいのが、納骨堂です。
納骨堂にかかる費用は、平均的な金額でならばお墓の6分の1です。お墓を建てるために300万円程かかるのに対し、納骨堂なら50万円程となっています。どうですか?納骨堂ならこんなに安くなるんだ!と驚きますよね。これはあくまで一人分の費用なので、家族用となれば120万円程となっています。それでもお墓よりずいぶん費用は抑えられますね。
また、この費用の中には永代供養料も含まれています。永代供養料とは、遺骨を預かってもらい永代に渡り供養してもらうための金額です。これとは別に納骨堂によっては年間管理費がかかるところがあります。初めの初期費用だけを見て決めたのに、更に費用がかかるのか…と思ってしまいがちですよね。でも安心して下さい、料金は5千円~1万円程なのでに高い費用に悩まされることはありませんよ。この年間管理費は、その納骨堂に納められた遺骨の合同供養や施設の維持費として納骨堂を利用する人たちが少しずつ負担する金額です。自分たちのお墓を建てた後、適度にお墓の磨き上げをしたり掃除をしなければならないことを考えれば安いものだと思いませんか?もちろん、無料のところもありますので費用がいくらかかるのかはしっかりと見ておきましょう。
東京都内の納骨堂でも、他の地域と大きく値段に差が出ることはありません。ですが、東京ということで建物の立地条件が良かったり施設の設備が充実しているところはどうしても高くなりがちです。東京で納骨場所を探すということ、それも東京都内ならなおさらですが、その分費用がかかるということを納得した上で決めるようにして下さいね。